• YUMAの部屋

図形描画機能とは?

そもそも図形描画はなんのためにあるのか?という人が多いと思いますので説明します。
簡単に言えば

手書きメモ

の事だと思ってください
正直、私は全然使いませんww
理由はPCでタイピングした方がよっぽどはやいからです。。。

ただ、機能としては存在するので使い方を説明します

図形描画を追加したいメモを開く

・・・をクリック

図形描画を追加ボタンをクリック

するとこのように図形描画をかけるページを表示してくれます

ページの背景設定

ページの背景は4種類あります。

格子・点・横線・なし

の4つです
それぞれの設定方法は画像の矢印の場所をクリックします。

すると画像のように、選択肢が出てきますのであとは選ぶだけです。

格子を選択した場合

点を選択した場合

横線を選択した場合

なしの場合はなにもなくなります。
設定しなければなしになるのでここではなしの画像は割愛しておきます

ペンの種類

ペンは主に3種類あります。

アイコン左上のペン・・・幅が一定ではない

アイコン真ん中のペン・・・幅が一定で一番オーソドックス

アイコン右のペン・・・マーカーのようなペン

の3種類です。
それぞれのペンで色の変更や太さの変更が可能なので試してみてください。
また、実際に記入する際には
マウスの左クリックを押している間はペンの色が画面に出ます。

ページのクリア方法

画面左上のページの▼を押すとページをクリアというボタンが現れますのでそれをクリックしてください

するときれいさっぱり無くなりました。

部分的な削除方法

画像の場所をクリックします

するとマウスカーソルが〇になっていると思いますので
削除したい文字の上でクリックしてみて下さい
一画づつ文字が消えていくと思います
テストのテをけしてみます

手順としては一画づつ選択するだけです

するとテを簡単に消すことができました。
また、この消しゴム機能は

マウスのドラッグ機能を使って連続して消すことも可能です

ただ、
必要な部分をけしてしまうこともあるかと思いますので
一画づつ消した方が良いかもしれません!

一つ戻る

画像の矢印の場所をクリックすることで、
一画分戻る事ができます。
例えばテストと記入し一個、戻ると

このように一画もどる事ができます。

範囲を選択して編集する

範囲を選択して編集できるのは
文字のサイズ、文字の部分編集、文字の移動、向きの変更です

左上の点線の□をクリックします

書いた文字をドラッグで選択します

するとこのような編集できる表示となりました。

文字のサイズ変更

文字を小さくしてみます。
左上の角を左クリックでドラックして小さくしてみます

文字の向きの変更

次は文字を傾けてみます

上部の〇を右にドラックしました
するとこのように文字を傾けることができます

場所の移動

元の場所はここです

赤矢印の部分をドラッグし
青矢印に沿って移動させます

するとこのように移動させることができました

部分的編集

まず部分的にドラッグで範囲の選択をし直します

テストのテだけを編集できる状態にすることができました
これで上記で説明した編集は
「テ」
だけに対して可能になります。

ダウンロードする

ダウンロードすることによりPNG形式でPCに取り込むことができます。
赤矢印をクリック後
青矢印をクリックで
ダウンロードが自動で行われます

画面中央を表示する

画像の場所をクリックするだけで画面の中央部分を表示することができます。
ただ、この機能はなんのためにあるのか筆者は全くわかりません。。w

このようになる

ページを増やす・減らす

・・・をクリックし

新しい図形描画ボタンをクリックすると

ページを一つ追加することができます。

・・・を押して現在の図形描画を削除ボタンをクリックすると

図形描画2/2というところがなくなり1ページのみとなりました。

これはゴミ箱マーク、+マークからも同じ操作を行うことができます

ゴミ箱=ページを削除
+=新しいページを追加
という意味です

図形描画を追加するの機能はメモ一覧画面からも行うことができます

メモ一覧画面からでも、図形描画を追加したいメモの上にマウスカーソルを置くと
「・・・」
のアイコンが表示されるのでそこから上記に記した手順で図形描画を追加することもできます。

図形描画を追加する方法は以上となります。
おつかれさまでした


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です