せどり・転売とは?

15個の転売手法を公開!おすすめの手法とおすすめしない手法とは

転売の手法15選の画像

無在庫転売、Amazon転売、メルカリ転売、中古転売、トレンド転売・・・・

多いよ!
手法が多くてなにをしたらいいのかわからん!

と思ってませんか?

隣の芝生は青く見えると言いますが

本当に輸入で儲かるのかな・・・?とか

無在庫転売で儲けれたらリスクないしええよなー・・・とか

私もトレンド転売や中古転売をしながら思ったりしていましたw

今回の記事では転売に関する手法を一覧にしてお伝えすることと、おすすめしない手法とおすすめする手法を紹介していきます!

転売の手法15選

YUMA
YUMA
いや15選自体が多いねんw
  1. スニーカー転売
  2. アパレル転売
  3. トレンド転売
  4. 中古転売
  5. 無在庫転売
  6. ドロップシッピング
  7. チケット転売
  8. 輸入転売
  9. 輸出転売
  10. OEM
  11. 初回限定購入
  12. 在庫復活
  13. 刈り取り
  14. セット売り
  15. ばら売り

多くなってすみませんw

結構手法ってありまして、大体この15個くらいかな?と思います。

手法名というのは細分化された中にもありますので

え?中国輸入がないやん!

と思われたとしても

それは輸入転売という大きなくくりのなかに中国輸入が存在するというお話になります

supreme転売なども同じでアパレル転売の中にsupereme転売が存在しているということになります

ちょっとこのままでは結構意味不明だと思うので、すべての手法に一言補足を足しておきます

  1. スニーカー転売
    →NIKEの数量限定など
  2. アパレル転売
    →supremeの人気商品など
  3. トレンド転売
    →コロナウィルスがきた!マスク大量買い!
  4. 中古転売
    →リサイクルショップで仕入れ
  5. 無在庫転売
    →インターネットで売っている物を在庫を持たずに出品するだけ
  6. ドロップシッピング
    →ほぼアフィリエイト
  7. チケット転売
    →ジャニーズのコンサートチケットを10倍で売る
  8. 輸入転売
    →中国の格安商品を日本で販売
  9. 輸出転売
    →海外のAmazonなどで日本製品を販売
  10. OEM
    →すでにほぼできている商品に自社のロゴだけ入れて販売する
  11. 初回限定購入
    →青汁定期購入で初月無料!的なものを応募しまくる
  12. 在庫復活
    →Amazon・楽天などでプレミア商品が定価で復活したら即買いする
  13. 刈り取り
    →個人出品者から直接またはネットで買取ってより高く販売する
  14. セット売り
    →漫画を全巻揃えて売った方が高く売れたりとか
  15. ばら売り
    →○○100個入り!という商品を100個バラで売る
YUMA
YUMA
あかん・・書いてるだけでなんか疲れてきたww

めっちゃ多いですけどざっとこんな感じです

おすすめしない転売手法

転売手法は沢山ありますが、絶対におすすめできないものがいくつかありますのでお伝えしておきます

  1. 無在庫転売
  2. チケット転売
  3. ドロップシッピング
  4. 輸入転売(数百万の資金があればOK)
  5. 輸出転売(数百万の資金があればOK)
  6. OEM(数百万の資金があればOK)
  7. 初回限定転売

これらは私はおすすめしません!

無在庫転売とチケット転売をおすすめしない理由

無在庫転売とチケット転売 推奨しない理由の画像

レアな物を持っているわけでもなんでもない無在庫転売が儲かる仕組みから意味わかんないですよねw

そもそも無在庫がOKの販売先とかほとんどありませんし規約違反になって、アカウントBANされ、売上金が未入金になったらヤバイでしょ?

リスクがないから無在庫!なんて考えはやめて撤退することをおすすめしておきます

アカウントBANで売上金が全部飛んでいく方が怖いです

 

チケット転売は法律違反、条例違反なのでそもそも論外です

単純に犯罪なのでやめましょう

ドロップシッピングをおすすめしない理由

ドロップシッピングを おすすめしない理由の画像

ドロップシッピングは公認された無在庫転売みたいなもんなんですが

なんで企業がそんな仕組みを利用したいかというとどこの小売店も買ってくれないほど知名度がないからドロップシッピングというものを利用するわけです

普通に考えれば商品を小売店または卸業者にロッドで卸せばいい話ですが、それは買ってくれる先が必要なわけです

知名度のない商品を世に出すには売れてからマージンだけを発生させるようにして、影響力のある人に紹介してもらおうという事になったわけです

 

つまりなにが言いたいかというと、これアフィリエイトなんですよ。

単純に商品力だけで売ることは非常に難しい商品で、いかに自分のサイトにPVを集め、成約率を高めることができるかが肝になってきます

ドロップシッピングはアフィリエイトやブログみたいな稼ぎ方を目指している人はいいと思いますが

転売をやろうと思っている人は別物なのでやめておきましょう

輸入・輸出・OEM転売をおすすめしない理由

輸入・輸出・OEM転売を おすすめしない理由の画像

単純に資金力が必要だからほとんどの人ができないでしょ?というお話です

輸入も輸出もOEMも基本海外との取引になるのでお金の流れと商品の流れにはラグがでてきます

それも場合によっては何か月ものタイムラグとなります

例えば

  1. 1月に100万円の商品を購入
  2. 1月中に全部売れる
  3. でも入金は3-4月になる

みたなことになってしまうと新しい商品が仕入れできません

輸入や輸出に儲かる商品は沢山あると思いますし、うまくやれば稼げると思います

ただ、キャッシュフロー(資金繰り)の面でデメリットが大きいので最低でも数百万なければ国内の転売から始めたほうが儲かると思います

OEMに関しては上記で述べたことももちろんなのですが

そもそもロッド数を注文しなくてはいけない場合もあるので、そもそもある程度の資金が必要になります

それに、入金してから商品完成までのタイムラグから、商品が売れるページに育てるまで、もろもろ時間がかかります

こちらもお金に数百万の余力があれば稼げる手法ですしチャレンジしてみるのはいいと思いますが、転売をやったことがない人が一番最初からやる手法ではないと思います

初回限定転売をおすすめしない理由

初回限定転売を おすすめしない理由の画像

やったところで収入が継続する確率が皆無だからです

仮に何度でも初回限定転売で購入できる手法があったとしても、そんな犯罪じみたことを続けるのはあまりおすすめしません

 

IPアドレスやPC情報、住所などの登録情報、免許証の偽造

などをすれば何度でも注文することは物理的には可能っぽい気がしますがいくら儲けれたとしても意味のないお金ですしやめましょう

外注を募りまくって初回限定を買うのも同じことです

拡大するところを間違っていると私は思います

転売の手法別!YUMA的予想月収ランキングTOP5

YUMA的予想月収 ランキングTOP5の画像

おすすめしない手法は除外します

また、このランキングは私があったそれぞれの手法を行っている転売屋と雑談して聞いた話を元にしています

トレンド転売 噂の最高月収1000万
スニーカー転売 噂の最高月収500万円
アパレル転売 噂の最高月収200万円
中古転売 噂の最高月収200万円
在庫復活転売 噂の最高月収50万円

正直手法毎に私の知っている最高月収は違いますが、ぶっちゃけどれも月収100万円くらいまでなら稼げると思います

在庫復活はそれだけでやっていくというよりはサブとして在庫復活でも稼いでいるという感じの人がほとんどなので、除きます。

YUMAおすすめの転売手法は2つだけ

YUMAおすすめの 転売手法は2つだけの画像

まず、私の思う稼ぎやすい転売手法は美味しいところどりだと思います

つまりメイン手法とサブ手法を持っておくと便利ということです

普段はトレンド転売をしているけど

そのトレンドでプレミア価格になっている商品の在庫復活を監視しておくとかね

その体制をお勧めする中で、メインとなる2つのおすすめ手法を紹介します

  • トレンド転売
  • 中古転売

この二つです

理由としては私はこの2つしかほぼ知らないからですw

稼いだ!というお話などを聞いても私が稼いだわけじゃないので本当か嘘か分かりませんし。。。

私は

トレンド転売で月商1000万以上中古転売で月商500万円を達成しています

両方ともすごく大変な手法ではありますが、すごく簡単な手法です

「どれだけ行動したか」

で勝負が決まると言っても過言ではないでしょう

なので、再現性が高いということで

  • トレンド転売
  • 中古転売

をおすすめします

まとめ

転売の手法は正直どれでも儲かります。

おすすめしない手法は

  • 無在庫転売
  • チケット転売
  • ドロップシッピング
  • 輸入転売(数百万の資金があればOK)
  • 輸出転売(数百万の資金があればOK)
  • OEM(数百万の資金があればOK)
  • 初回限定転売

おすすめの手法は

  • トレンド転売
  • 中古転売

もし、転売をこれから始めるのであればこのブログを参考にトレンド転売と中古転売を始めてもらえればと思います

補足:15個の転売手法を公開!おすすめの手法とおすすめしない手法とは

転売についてもっと色々知りたい!

転売とはどんなビジネスなのかを16個の質問に答えてみた をご覧ください